読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒップアップには大殿筋の上と下側を鍛えましょう!

 

 

ヒップアップには大殿筋を鍛える!といつもしつこくお客様にお話ししてますが、美しいヒップを作るためには筋肉の走行や役割をしっかり把握しておくことが大事です。

 

大殿筋は骨盤帯の腸骨稜、仙骨、尾骨、上後腸骨棘から大腿骨と腸脛靭帯に付着しています。股関節周囲の筋肉の中でも特に体積が大きいため、上側と下側では動かす役割が変わってきます。

 

大殿筋の役割は

①股関節の伸展…足を後ろに引く

②股関節の外旋…足を外側に捻じる

③股関節の外転(上側)…足を横に開く

④股関節の内転(下側)…足を内側に閉じる

 

ヒップアップをしたい場合は、上記の①②③、①②④を組み合わせたエクササイズを行なうとより大殿筋が収縮し美しいヒップラインが出来ます。

 

エクササイズで大殿筋がしっかり使えるようになると、普段歩いていて前ももやふくらはぎが疲れる人も、疲れにくくなります。

さらに前ももを使わなくなるので、脚のラインも綺麗になりますから大殿筋を鍛えるのはイイこと尽くめですね。

 

ウオーキングでお尻を使うのは、私もまだまだ練習が足りないのでもっと練習して、お客様に簡単に伝えられるようにしていきます。