読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォーキングでお尻を使う

お尻を使って歩くにはどこをどう使えばよいか?多くの人は前ももやふくらはぎを使いすぎて、足が太くなったりします。

 

お尻の筋肉を使って歩くことが出来れば、前ももに負担を掛けずに歩けてヒップアップや脚が細く見えるようになります。

 

ただどうやって歩くのか?

 

 

お尻を使って歩くには他の筋肉も意識する必要があります。

まず一つは前脛骨筋です。スネの膨らんだ筋肉です。この筋肉は足首が背屈し、踵から指先までスムーズに着地できます。

 

着地時に膝が曲がっていると、前ももの大腿四頭筋に負荷がかかり歩いてもすぐ疲れたり脚が太くなります。

 

そのため着地時には膝を伸ばしておく、その際に内転筋に収縮感があり踏み込んだ時に大臀筋に収縮感があると、よりよいウォーキングとなります。

 

実践してうまく感覚がつかめない人はランジなどをやってからやるとお尻に収縮する感覚がわかってくるとおもいます^ - ^

 

まずは歩いてみて、自分の身体はどこに負担がかかるのか認識してみましょう!