読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キネシオテープのタイミング

キネシオテープのタイミングには大きく

トレーニング前とトレーニング後に分けられます。

 

どちらも筋肉の柔軟性アップそして可動域アップに使用したりしますが、前後によって違う役割が出てきます。

 

トレーニング前でのメリットは貼る事で、可動域・柔軟性が改善されトレーニング効果の増大があります。

 

腹筋トレーニングをする時に、腰に貼る事でいつもより腹筋の収縮感を感じるようになったりです。

 

また痛みが軽減される事でトレーニングに集中できる効果があります。

 

デメリットとしてはトレーニング前に貼るため

、トレーニングが終わったあとは汗で濡れてかぶれ易くなります。そのため終わったら剥がさないといけない手間と持続効果がトレーニング中だけになることです。

 

トレーニング後のメリットとしては、汗を拭き取った後に貼ればかぶれること無く3日ほどは持つので、柔軟性や可動域が持続します。

 

デメリットとしてはトレーニング時の可動域・柔軟性アップがなされないことですね^ ^

 

どちらのメリットを考えて行動するか悩ましい所ですが、その人の要望に合わせて貼るのが一番なのは確かです^^