読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹の調子を整えるには植物性乳酸菌を摂ろう


人の腸内には100兆個以上もの腸内細菌があります。その中には腸内に炎症を起こしたり、発癌性のあるものもあります。それらは悪玉菌と呼ばれたりします。

乳酸菌はその腸内の炎症や発癌性の細菌から守る作用があります。それを善玉菌と呼びます。

なので乳酸菌には、発癌性の物質の排出や分解そして便秘や下痢の予防になります。


そして乳酸菌には大きく2つに分かれ、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。
動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトなど乳製品に多く含まれています。
熱や乾燥、酸に弱いため胃酸で死んでしまうのがほとんどです。

それに比べて植物性乳酸菌は味噌や納豆、醤油など大豆製品、漬物など発酵させたものに多いです。

動物性乳酸菌に比べて、熱や乾燥、酸に強いので腸内で生き残るのも動物性に比べて何と10倍も効果があります。


そのため腸内環境を整えて健康に生活していくにはヨーグルトやチーズだけでなく、大豆発酵食品も積極的に摂っていった方がいいですね。