読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護いらずの身体になるためには

日本の平均寿命が発表されましたね。昨年の記録を抜き男女ともに長生きにな世の中になりましたね。

 

ただしこれは不慮の事故や0歳〜の亡くなった方も含めての寿命になります。

なので「平均余命」というものが高齢者を対象とした統計になります。

 

どちらにせよ日本人はこれからもっと長生きします!ですが、健康に長生きできるかというとそれは人それぞれです。足腰や介護をされないと生活できないかもしれません。

 

昨年行ったイベントで介護予防の運動プログラムに参加したのを思い出しました。

 

 介護予防のためのシナプソロジー
本日はスポルテックに行きました。目的としては「持ち帰りの出来る介護予防シナプソロジー」というセミナーを受けるためです。
シナプソロジーは「2つの事を同時に行う」、「左右で違う動き」の普段慣れない動きをする事で脳を混乱させ刺激を入れ、認知機能を向上させるといったものだそうです。2人でやる事もあれば、3,4人で出来る運動もあります。
基本動作パターンを視覚・聴覚・触覚といった感覚器に刺激させ、言葉や記憶・注意力などといった認知機能にも刺激させて、基本動作をおこないます。いろんな動きや言葉を発しながら行うので、頭が混乱して動作が遅れたり間違うこともあり上手く出来ない事が多いです。
この上手く出来ない方が新しい刺激が脳へ行き、
・注意機能の向上
・認知機能の向上
・手先の器用さの向上
・爽快感の向上
抑うつ感の低下
という結果をもたらすものです。介護予防の為になぜシナプソロジーが必要なのか。高齢化社会が進み、人口も減少してきています。そうすると今まで高齢者を支えていた人達もだんだんと少なくなり、支えられる側が増えます。
なのでこのシナプソロジーをおこない、支えられるのを予防しようじゃないかというのが狙いです。
現在、このシナプソロジーは
・介護、介護予防向けの健康増進
・ビジネスの現場での生産性向上
・フィットネスやアスリート向けなどの運動機能UP
・子供向けの発育・知育
とさまざまな分野で取り上げられています。
実際に短い時間体験してみました。ごくごくシンプルなもので、じゃんけんや肩タッチやバンザイなどの動作をおこないました。頭と身体の反応スピードが遅かったり、間違ってしまうなどあります。ですが、他の方たちと一緒に楽しめ笑顔も自然と出てきます。
終わった後は頭の中がスッキリする感じがありました。
・短時間でできる
・スペースもそんな必要なし
・子供からお年寄りまで気軽に出来る
・1人から大勢でも出来る
他にもいろんなプログラムがあると思います。

 

今後こういったものと筋トレを繋ぎ合わせれば、ずっと元気でいられる人が増えるかと思います。シナプソロジー勉強面白そうですね!

ドラッグストアのサプリメント

ドラッグストアに行くとサプリメントコーナーにいろんなサプリメントが陳列されてます。

 

私も何度か利用したことがありますが、場合によっては記載されてる必要量より多く摂る必要があります。

 

とくにダイエット中の場合は、カロリーを減らすのでビタミンやミネラルが不足しがちになります。脂肪を燃焼させるためにビタミン&ミネラルは必要な栄養素です。

 

その際はサプリメントで摂ってもらっていますが、、、、

ドラッグストアのビタミン&ミネラルを飲まれる方が多いです。

市販に売られているビタミン&ミネラルのサプリメントは必要最低限の量しか入っていないため、1日1粒だと足りません。

 

例えばビタミンB1は20mg1日に必要ですが、市販のものだと1粒大体1〜1.5mgです。

そのため1日に20粒ほど飲まないとあまり効果が出ないのです。

 

とくにダイエットをされてる方は、野菜や果物で摂ると簡単にカロリーオーバーになりますから、サプリメントで補う必要がありますね。どんなサプリメントを飲めばよいか、どのくらい飲めば良いかはトレーナーに聞くと具体的な数字が聴けますよ^_^

 

疲労には2種類ある!

身体が疲れた時はみなさんは睡眠を取ったりゴロゴロして身体を休めていませんか?

疲労には2種類あり、寝てるだけでは取れないこともあります。
まず1つが「動的疲労」です。

これは活動する上で身体を使うことにより体内のエネルギーが減ったり、筋肉の損傷などにより疲労物質が溜まります。
これに関しては睡眠や食事、静的ストレッチ(伸ばしたまま維持する)をすることにより疲労回復することができます。

もう1つが「静的疲労」です。これは現代の人に当てはまりやすいです。デスクワークや電車通勤などという同じ姿勢をずっと保っていると筋肉が緊張し血行が阻害され、疲れます。

ずっと座ったままでいて、ふくらはぎが張る、お尻が痛くなるなどはこの「静的疲労」が起こっている状態なのです。

この「静的疲労」を取るには、睡眠や食事よりもストレッチが効果的です。
それもただ伸ばすのではなく、軽く動かすくらいの運動を行うのが理想です。
その部位を動かすことで血行を促進させ疲労物質を取り除くことができます。

1時間に1回は疲れた部分を動かすことで疲労回復ができるので実践してみましょう!

快眠するために入浴を!

ストレスを緩和には入浴を!

トレーニングした後は身体が疲れますね。疲労回復方法としては睡眠が挙げられますが、もう1つ重要なもの、それは入浴です!

入浴には温度によって2つの効果が挙げられます。

まず1つが
・交感神経の促進

42度以上の高めのお湯や、冷たい水風呂などに入ると身体が緊張し目が覚めます。これによって交感神経が高まり代謝促進が得られます。ただし寝る前などに入ると寝つきが悪くなります。トレーニング後などは特に疲労が溜まってしまうので避けたいですね。


・副交感神経の促進

38〜40度くらいまでのお湯に浸かることで、血行が促進され筋肉が弛緩します。その結果筋肉痛の軽減や疲労回復効果が高まり、睡眠の質が上がります。

スーパー銭湯に行くと「微温浴」といったものがあります。こういったものも副交感神経を高めてくれます。

 

さらに入浴剤も効果的です。
入浴剤の香りによってリラックス効果が高まりますから、トレーニングをした日にはぜひ入れて欲しいです!

気をつけたいのは長湯です。入浴時には発汗をするので長湯をする時にはお水をしっかり摂りながら入りましょう^_^

総コレステロールとは

コレステロールとは血中に含まれている、LDL・HDL・中性脂肪・遊離脂肪酸・リン脂質の総合的な数を示すものです。コレステロールと聞くと悪いイメージがついてきますが、人間にとって必要なものです。ただしそのバランスが崩れたりすると身体に悪影響を及ぼし動脈硬化や心臓病などの循環器系に影響を及ぼします。
LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールとも呼ばれ、肝臓から体内の血管にコレステロールを運ぶ役目があります。この数値が高いと血管内にコレステロールが溜まっていき詰まってしまう可能性があります。その結果、動脈硬化になり狭心症心筋梗塞脳梗塞などのリスクが高くなります。

HDLコレステロールは善玉コレステロールとも言われ、血壁内に付着しているLDLコレステロールを剥がし回収する役目を持ちます。このコレステロールは喫煙や肥満、運動不足により減少する傾向があります。


中性脂肪はトリグリセリドとも言い、血液中に存在する脂肪です。運動不足や過度な飲酒、肥満や食べ過ぎにより血液中に増加し、生活習慣病のリスクが高くなります。
改善させるには食生活の見直しや運動をして血液中の脂肪をエネルギーに変えて減らさないといけません。

ビタミン&ミネラルの重要性

ビタミンとミネラルは食事やサプリで摂ると思いますが、特にトレーニングをしてる人はとても必要になったな物になります。

 

 

トレーニングをすると身体が疲れ、疲労感が溜まりますよね。この時身体に大きいストレスがかかっており、コルチゾールというストレスホルモンを出してる状態になってます。

 

コルチゾールのレベルが高いと身体が酸化し

・倦怠感や脱力感

・風邪を引く

・筋肉痛が長引く

・筋力低下

 

などを引き起こします。

そこで必要なのがプロテインとビタミンとミネラル!

 

これらを摂ると、傷ついた筋肉に速やかに栄養がいき、ビタミン&ミネラルは身体の酸化を防いでくれるため上記の事が起きる確率が低くなります。

 

そのため、トレーニングをしている人は特にビタミン&ミネラルを摂りたいですね。

 

薬局などでも幅広く売っていますが、実際は一粒辺りの成分が低すぎてあまり効果がありません。

効果を実感したい方は、オススメの物をご紹介いたします^_^

 

 

 

筋肉を成長させるには鍛えてしっかり休むこと

カッコいい身体になりたくて、一生懸命毎日ハードなトレーニングをしていたりしますが、同じ部位を連続でおこない続けるとオーバートレーニングと言い筋肉が成長するどころかやせ細ってしまう現象が起きます。

 

筋トレをすると、筋繊維は傷つきます。その傷ついた繊維が修復されると、より強い負荷に耐えられるよう成長しています。そのためには栄養や睡眠などが不可欠です。

 

ですが、何日間も連続で同じ部位ばかりトレーニングしていると、傷ついた筋繊維が回復せずにより一層破壊されてしまいます。また修復作業に栄養が追い付かず、筋肉を分解してしまいます。

 

そして疲労感が抜けなかったり、食欲の減退、風邪なども引きやすくなるので、連続でトレーニングをするときは違う部位を行なうのが良いですね(^^)

 

1回のトレーニングでしっかり追い込めたら2~3日は休むとしっかり回復されます。