スクワットとランジ

スクワットとランジの違い

スクワットは、矢状面の動きに対して脚のスタンスは前額軸方向に開きます。
両足裏を地面につけ垂直に上下運動をするため、安定感が出てきます。

 

またスクワット動作自体、日常生活動作で物を拾ったりしゃがんだりするときに
使うため比較的、知られている種目です。

特にスクワットの場合は、脚のスタンスが前額軸にあるため股関節屈曲・伸展、膝関節屈曲・伸展、足関節背屈・底屈とバランス良くおこなえるので、ランジなどに比べると重い重量を扱えます。

 

垂直方向に高重量を扱う事で、腹圧が高まり姿勢を保持するための脊柱の安定化が起きます。
ただし、胸椎伸展制限があるとボトムポジションまでしゃがみ込むことが出来ず前傾姿勢になったり無理に伸展しようとすると後方に重心が移動し垂直に起き上がる事が難しくなります。

ランジは矢状面の動きに対して脚のスタンスは前額軸+矢状軸に開きます。

 

脚を前後にさせ上下運動をすることにより、上肢を前傾させても前方後方に移動はしにくくなります。

そのため、胸椎が硬い方でもボトムまでしゃがみ込みやすく、垂直に上下運動がしやすいです。

ただし、スクワットに比べて前額軸上の開きが狭いので、左右へのバランス保持が難しくなります。

 

ウオーキングランジの場合ですと、股関節屈曲位から伸展し前方に進みます。そのため一瞬片足姿持
になるため、よりぐらつきが出やすいです。そのため姿持面を安定させるため、よりバランスが必要になります。

船釣りで思うこと


船釣りをしてみて思ったこと。

先週の金曜に船釣りを初めて行って来ました。狙うはシイラ

 f:id:nozomu1783:20170813204635p:image

結果は50cm超のまぁまぁサイズのものが釣れました。
当たった時から引き上げる時まで5分ほどかかりましたが、リールを巻く動きと竿を引く動きは
手首の尺屈・橈屈
肘関節の屈曲
をたくさん使いました。

 

結果、両腕とも前腕と二頭は次の日筋肉痛です、、、

 

そう釣りを楽しめたのは、少しずつ日常生活でも筋肉の動きを考えられるようになってきたからかな??と感じました。

 

日常生活の中に動作を観察するネタが転がっているのでただ単に楽しむ!のではなく、考えながら楽しんで行こうと思います。


そして、4人普段から身体を動かしている職業の仲間なのですが、全員船酔いせず8時間も船の上で過ごせました。

f:id:nozomu1783:20170813204700j:image
これもトレーニング効果なのかもしれませんので、調査してみます。

テストステロン値を上げる

 

テストステロンとは、いわゆる男性ホルモンのことでテストステロンが高い状態だと

 

・身体の回復力が早い

・集中力が増す

代謝が高くなり、脂肪が燃えやすくなる

 

といったことが挙げられます。

 

しかし現代の社会だと一日中デスクワークやスマホ、深夜残業や満員電車などといったストレスが溜まりやすい状態になります。

ストレスが溜まるとテストステロンも下がってしまい

・体調不良になる

・集中力が続かない

代謝が下がり、脂肪が燃えない

という状況になります。

 

私自身今年の2月ごろまでは品川まで電車で4分の所でしたが、2月以降は電車で1時間ほど乗る生活になりました。

 

そういった生活になって気がついたのは、とにかく満員電車でストレスが溜まること。

 

「サラリーマンの方は毎日これをやっているのか!」と思いました。そんな中で「ストレス溜めないでくださいね、発散してください」といっても中々難しいなと感じます。

 

ストレスを発散するためには、自分の趣味や発散できることを理解する。ただ忙しくて休みがないサラリーマンの人などは自分の時間を持ったりすることができないことがあります。

 

そういった時にはテストステロン値を高めるサプリメントを摂るのが手っ取り早いかと思います。

 

テストステロンを上げる物として

・マカ

朝鮮人

・トンカットアリ

・アルギニン

などなどを飲むと上がります。

 

ということで、最近疲れが抜けにくい私が実際に上記が入っているサプリメントを飲んでみてどれだけ変わるか試してみたいと思います。f:id:nozomu1783:20170811231538j:imagef:id:nozomu1783:20170811231539j:image

 

寝不足で疲れてる人へのセッション

 


寝不足で疲れきっている人へ、どういうセッションをしたらいいか?

今日はそれを考えることがありました。、

前に疲労が溜まっていたり、モチベーションが低い人に追い込み式のトレーニングでヤル気を出させる方法をしましたが、
人によっては逆に嫌に感じることもあります。

 

 

今日やってみた中で寝不足の場合、

・細かい所を注意しても頭に入りにくい
・反応が薄くなったりするので、伝わってる
のかわかりにくい
・追い込みしすぎても逆に疲労が溜まりすぎ
て体調が悪くなる。

人によってはそうでないこともあります。
その見極めが大事です。

 

見極めるためには、長い時間お客様と多く時間を過ごしてその人の傾向を知ること。

そして、コミュニケーションを図ることがその人の傾向を知ることができます。

 

セッション中のフリートークでは黙るのではなく、プライベートのことや自分の事を話す事でコミュニケーションの質が上がっていきます。

そこも引き続き大事にしてやっていきます

冷房病の対策

この時期に外の暑さと室内の冷房の気温差で体調を崩す人は結構います。

その名も
「冷房病」

体温を調節する自律神経が乱れることで、体調不良を起こす症状です。


症状としては
肩こりや腰痛などの痛みから、
倦怠感や吐き気、頭痛など様々です。

特にこの時期はオフィスや電車ん中などキンキンに冷えたところと、外や室内でも冷房が効いてないところを行き来することで起こりやすくなります。


冷房病を未然に防ぐためには、

・食生活を改める
冷たいものばかり摂らない
朝食を抜く
体温を冷やす食べ物や飲み物を摂りすぎない

・オフィスなど冷房の効いたところでは長袖を着たり、膝掛けなどをして寒さ対策をする。


こういった日々の対策をすることが大事です。自分自身、この間電車の中で急激に体調が悪くなったので体調管理というのは常日頃から意識しとかなければいけない物ですね!

モチベーションの低下している人へ

モチベーションの低下してる人に対してのアプローチ

先日、トレーニングに対してモチベーションが下がってしまったクライアント様がいました。
その方は、体調不良により2週間ほどトレーニングの間隔が空いてしまったのも影響があるとのことでした。

ですがトレーニング終了時には、モチベーションが上がりやる気も出てきたみたいです。

私がモチベーションを上げたやり方としては

・なぜモチベーションが下がってしまったのか?

それを聴くことにより生活の中でモチベーションが下がってしまったのか?(誰かに何か言われたなど)、目標を見失ってしまったのか?こちらの提案不足なのか?身体が中々変わらないと感じるのか?など傾向が見えてきます。


・敢えてキツイトレーニングをやらせる。

人の性格にもよりますがモチベーションが下がっている時は細かく指導するよりも、敢えてキツイ種目をやらせ、チャレンジ精神を目覚めさせるのも大事です。

・楽しんで行うこと。

トレーニングも身体を動かします。根本にあるのは楽しんでもらうことだと思います。
自分自身、中学や高校時代なんかはウエイトトレーニングが嫌いでしょうがなかったです。

「なんでこんな重いもん担がなければいけないのか?」そう思ってやってました。

お客様の中にはそう思ってる方がいるかもしれません。そういう時こそ、このメニューはあなたにとってこれほど必要なんです!と論理的に言えるかが大事です。

そして、たまにはゲーム性も交えた方がより
楽しんで貰えるとと思います。
「これ10回3セットやりきったら、帰りにアイス買って食べてください!」
「100kgあげたらインスタ載せましょうよ」

楽しんでやってもらう、これがトレーニングにとっては大事になってきます。
そのためにも、日頃の計画やクライアント様とのコミュニケーションが大切なのです。

体重や体脂肪を増やすには

 

お客様とセッションしてると体脂肪・体重を落としたい人はたくさんいますが、なかには太りたい方もいます。


体脂肪率を増やしたい。
女性なら締まり過ぎず、女性らしいほのかに肉がついた身体になりたい方もいます。
そういう時はどうすれば良いのか?


ダイエットの時は自分の1日の基礎代謝や活動量から消費カロリーを計算して、

消費カロリー〉摂取カロリー

となれば、自然と体重は落ちていきます。
※カロリーのPFCバランスによって、筋肉が減るか、脂肪が減るかも変わります。


体重・体脂肪を増やしたい場合は、この逆を行ないます。

消費カロリー〈摂取カロリー

摂取カロリーが多ければ多いほど、体内に栄養が貯まり筋肉が作られたり、脂肪が増えたりします。
これも同じくPFCバランスによって左右されます!


消費カロリーを増やさないんだったら筋トレしないで食べまくればいいんじゃないの?と思いますよね?

たしかに筋トレしないで食べても増えるのですが、筋トレしないことにより筋肉量が減って、脂肪のみが増えてしまいます。

そうするとまるまるした体型になってしまい、メリハリの効いた身体にはなれません。

またトレーニングをする事で、成長ホルモンも分泌されるのでより若々しく元気でいられます。

筋トレと食事をしっかり行う事で、メリハリの効いた身体になります。